パーテーションとは、仕切ること、となりのコナーなどを分離のために仕切ることです。広いスペースを複数のパーテーションで仕切ることで広いスペースを有効に利用することができます。例えば、100人規模の部門が4課(1課25人構成)で構成されるときは、パーテーションを3枚使用して、4つのスペースに仕切り其々のスペースに一課を配置します。

仕切ることの意味は、利用目的を分離し隔離することだとも言えます。そして、となりに気を使う必要がなくなります。そうするとで仕事の効率アップが期待できます。したがって、仕事の生産性の向上につなげることが可能になります。また、パーテーションは、作業場所を個人単位に仕切ることで、集中して仕事に取り組むことが可能になります。

このように、パーテーションの役割を見てきますと、物理的にとなりと仕切りることで、作業者の心理状態をリラックスさせる効果があることが分かります。そして、パーテーションには、集中出来る環境を提供する役割があることになります。また、となりと分離することでプライバシーなどが保ち易くなるように思われます。以上、仕切る効果を見てきましたが、もっと違った見方もあると思います。利用方法を工夫して、有効に活用されることをお勧めします。