自宅でもオンオフを切り替える必要があるときは有りませんか。

例えば、子供が遊んでいる所と、お客様を通す所を分けたいとか、自宅で教室を開いたり、仕事をされている方も多いはずです。

そこで、パーテーションを用いると工事などせずに、うまく切り替えることができます。

また、家具をパーテーション代わりに配置すると、ワンルームで有っても、書斎とベッドルームのようにセパレートすることができます。

また、オフィス家具でのパーテーションや、間仕切りを作る工事を請け負ってくれる業者も有ります。

家庭のような所で簡単に気軽に用いられるパーテーションから、工事で本格的にセパレートしてくれるところまで様々です。

ちなみに、家庭用のパーテーションはちょっとした小物入れがついていることが多く、実用的です。

反面、オフィスのパーテーションはうまく設計しないと、ガラスの扉に思い切りぶつかったり、という設計のことも多いです。

なぜなら、セパレートはできているのに、他のオフィス家具の配置を思い切り間違えてしまうこともあるからです。

そういったことから、特に、オフィスでの設置は、用途をきちんと考えておかないと、家庭用とは違い簡単に取り外しはできませんので注意が必要です。