つい最近までエコポイントが使える、住宅購入の金利も最低金利とあって、今年は一戸建てマイホーム建設ブームでした。
中でもハウスメーカーではこれに便乗して、さまざまなアイデアの住宅が販売されています。
特に注目なのが、部屋の概念を覆す画期的な間取りです。
通常であれば、家族に合わせて、特に子供部屋に関しては、子供の人数に合わせた部屋の間取りを考えて設計されていましたが、最近は、将来にわたって自由に部屋の間取りを変更出来るように、壁そのものをパーテーションで仕切る方法がとりえれられて来ています。
パーテーションで仕切ることにより、家族が使う用途に合わせて部屋を自由に変えられるものです。
また、その中でも珍しいのがパーテーションが壁とクローゼットが一体になった、騒音対策も兼ね備えたものが出てきています。
部屋をパーテーション化することで、大広間になったり、個々の部屋になったり、まさに間取りのリフォームをすることなく生活設計に合わせて自由に変更できる時代です。
これからもこのような住宅がますます増えていくのではないでしょうか。