私は何度か転職経験がありますが、
ある時、転職エージェントにお願いした条件で
「なにそれ?」と驚かれてしまった事があります。
それは「パーテーションのある職場」です。
これまでずっと外資企業に勤務していたせいか
静かな自分だけのスペースで働く環境に慣れてしまい、
日本風な「班」みたいな座席が苦手で、
「できれば個人のスペースを尊重してくれるような企業」という意味も
こめていったのですが、エージェントの人は「パーテーションねぇ、、、」と
ちょっと首をかしげていらっしゃいました。
しかし、最近、パーテーションで仕切られたスペースで
働く企業はとても多いです。
仕事に集中できるし、パーテーションに何かを張り付けたりできるし、
とても便利です。
パーテーション1枚で、
かなり業務効率がアップすることだってあります。
(ちょっと大げさですね、へへ!)
パーテーションは個人の机同士を仕切るだけでなく、
オフィス内をちょっとレイアウトチェンジするときにも、アルミパーテーションを
使ったり、スチールパーテーションを用いたりして、短期間に低コストで
オフィス内に会議スペースや倉庫スペースを作ってしまったりできます。
オフィスの有効活用を考えるなら、パーテーション、とても効率的です。