先日、防衛省の国防機密に関する情報を所有されている企業へのハッキングが発覚されました。
もしも、国防機密の情報が流出されてしまったら、日本に大きな損害をもたらしてしまいます。
そのため、国防機密を持つ企業へのセキュリティーを強化させなくてはなりません。
そして、これは特定の企業だけの問題ではありません。
一般的な企業や個人でも重要な問題を提示されています。
というのも国防機密を扱っている企業のセキュリティーは高かったのです。
それなのに、ハッキングされたのです。
だから、一般企業や個人が狙われたらなお更情報が流出される可能性も高いのです。
そのようなことがないように、しっかりと情報流出の対処をしておくべきでしょう。
それはインターネットにつながっているパソコンだけではありません。
紙媒体なども大切な情報です。
そのため、情報流出を避けるため、不要になった紙媒体はシュレッダーをかけていくべきでしょう。
そういったことから、危機意識が生まれ情報流出を食い止めることになると思います。